NEW POST

香港 漢年茶餐廳

2018.1.8(月) 12:30頃、大圍、小雨

 さて、”沙田でサイクリング”がまだ諦め切れない我が家。お昼ごはんを食べている間に雨が止むかも、と前向きに考え、再び、萬佛寺のある沙田から朝いた大圍に戻ってきました。大圍辺りで食事をすることは事前に考えていなかったので、その場でネットで検索。すると大圍駅近くによさげなお店を発見。地元の人たちに人気そうな茶餐廳です。

お店に着いた12:30頃は、ほぼ満席でしたが、相席で何とかすぐに座れました。メニューは広東語でよく分からなかったのですが、Googleマップの写真に載っていたフライドライスにチキンがのったものが、美味しそうだったので指差しで注文。野菜を炒めたものも食べたくて、これも指差しで注文。

b0183295_13371122.jpg

指差しで注文した野菜は、レタスを炒めたものでした。この写真ではクタッとしていてあまり美味しそうに見えませんが、食べてみるとシャキッとしていてほどよい濃さの味付けで美味しかったです。多分オイスターソース系の味だったと思われます。
フライドライスにチキンがのったものは多分、鹽焗雞飯炒底というメニュー名。これがとっても美味しかったのです。フライドライスはパラッパラで、チキンも柔らかくあっさり系の味で塩加減も絶妙でした。写真左にある茶色のソースはこのお店の自慢のソースなんですって(美味しかったと思うのですが、どんな味か忘れた。)

b0183295_13373696.jpg

相席だったお姉さんが、「このフライドライスにチキンがのったものと、ポークチョップがこのお店のシグネチャーなのよ。」と教えてくれました。

b0183295_13375401.jpg
漢年茶餐廳
大圍積福街100號




[PR]
by mckey-mckey | 2018-02-07 23:05 | 香港 | Comments(0)